宇宙系プログラマと看護師夫婦の情報発信チャンネル

mikazukiblog

宇宙

アメリカ国防省がUFO動画を公開【 撮影した米軍兵士の和訳あり動画 】

投稿日:

こんにちは。みかずきです。

先日、アメリカの国防省が本物の「UFOの映像」を3本公開しました。

ニュースでも取り上げられています。

⇒NHKニュース:“UFO映像” 米国防総省が公開 “物体が何かは不明”

2004年や2015年に撮影されたもののようですが、かなりリアルな感じです。

僕も今までUFOなんておらんやろと思っていましたが、これを見てさすがに本物っぽいと思いました。

撮影した兵士の言葉の和訳付きの動画

アメリカも、「物体が何かは不明」と言っていますが、映像が本物であることは認めています。

UFOは、

Unidentified Flying Object

の単語の頭文字をとっています。

"Unidentified"とは、日本語で"正体不明の"ということですので、まさに今回の映像はそれです。

以下の動画で撮影した兵士の興奮した言葉の和訳をしてくれています。

この動画の作成者は井筒智彦さんという方で、「東大宇宙博士」としてマルチに活動していらっしゃる方です。

この映像の飛行物体は何者かが操縦しているものなのでしょうか。

真相はわかりませんが、仮に宇宙人のUFOだったらすごいですよね。

こういったUFOと思われる飛行物体の目撃談は、アメリカだけでなく、日本にもあるようです。

と言っても、よくあるあやしい人の話ではなく、自衛隊のパイロットによるガチな目撃談です。

もし日本の自衛隊がUFOに遭遇したら

今回のアメリカの映像公開を受けて、

防衛省は航空自衛隊のF15戦闘機などがUFOと遭遇した場合の対処手順を定める方針

という報道もあります。

河野太郎防衛相は28日の記者会見で、

「自衛隊のパイロットは今までUFOに遭遇したことはないようだが、万が一遭遇したときの手順をしっかり定めたい」

と述べました。

普通の自衛隊の緊急発進などの時の対応は、

  1. 英語で進路変更を呼びかける
  2. 国籍が判明すればその国の言葉で通告する
  3. 領空侵犯した場合は、警告のためえい光弾を混ぜた信号射撃
  4. 強制着陸させるなど

のような対応だと思いますが、UFOに対してはどうするんですかね。

こっちの言葉を聞けるかもわかりませんし、第一宇宙船で遠くの宇宙から地球に来れる科学力があるのにこっちの警告を聞く意味はないですよね。

「下等生物に警告されてもwww」

 

で無視されて終わりですよね。

下手に手を出して敵対すれば人類は終わる可能性もありますし、何もできずに傍観するしかないでしょう。

 

おわりに

これまで、テレビなどでも取り上げられてきたUFOの映像ですが、どれもあやしいものが多かったですよね。

その中で本当に合成とかじゃない映像があることがわかり、未確認飛行物体が存在するということが判明しました。

これですぐに宇宙人の存在にまでつながるかはわかりませんが、その可能性が高くなりましたね。

いつか宇宙人と人類が出会う日が来るかもしれません。

 

プログラミングスクール

AIのスクール

-宇宙

Copyright© mikazukiblog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.