宇宙系プログラマと看護師夫婦の情報発信チャンネル

mikazukiblog

生活

オバマ元大統領の演説(2008/8/28)全文和訳その2【おすすめ無料英語教材】

更新日:

その1に引き続き、オバマ元大統領の大統領候補の指名受諾演説の和訳をしていきます。

オバマ元大統領の演説(2008/8/28)全文和訳その1【受験勉強にもおすすめ】

読んでない方は、上記を読んでから以下を読んでみましょう。

動画を再度掲載します。

まずは再生しながら下の英文や和訳を目で追っていきましょう。

オバマ元大統領の演説(2008/8/28)全文和訳その2

前回の続きで13:51から開始します。

3(13:51~18:46)

For over two decades, he's subscribed to that old, discredited Republican philosophy — give more and more to those with the most and hope that prosperity trickles down*1 to everyone else.

20年以上の間、彼(マケイン上院議員)は古くて信用できない共和党の哲学にこだわってきた。それはつまり、富めるものにもっともっと与えることで豊かさが少しでもほかのみんなに染みわたるよう期待するという哲学です。

In Washington, they call this the Ownership Society, but what it really means is — you're on your own. Out of work? Tough luck. No health care? The market will fix it. Born into poverty? Pull yourself up by your own bootstraps — even if you don't have boots. You're on your own.

ワシントンでは、彼らはこれを「持てる者の社会」と呼ぶ。しかしこれの本当に意味することは何でしょう?「自分の身は自分で守れ」です。失業した? 残念でした。自分で何とかしろ、と。医療保険がない? 市場がなんとかしてくれるよ。貧困の中で生まれた? 藁にすがってでも這い上がれ。すがるべき藁すらなかったとしても。自分のことは自分で何とかするしかないのだ、と。

Well, it's time for them to own their failure. It's time for us to change America.

でも、もう彼らは過ちに気づく時だ。我々はアメリカを変える時なのだ。

That's why I run for the president of United State of America.(聞き取れなかった)

だからこそ私は、アメリカ合衆国の大統領に立候補したのです。

You see, we Democrats have a very different measure of what constitutes progress in this country.

要するに私たち民主党は、この国における進歩とはいったい何かについて、共和党とはかなり違う物差しを持っている。

We measure progress by how many people can find a job that pays the mortgage; whether you can put a little extra money away at the end of each month so you can someday watch your child receive her college diploma.

我々はどれだけ多くの人が家賃を払えるだけの収入を得られるかで進歩を測ります。毎月毎月少しずつでも貯金したとして、自分の娘が大学の卒業証書をもらえるかどうか。

We measure progress in the 23 million new jobs that were created when Bill Clinton was president — when the average American family saw its income go up $7,500 instead of down $2,000 like it has under George Bush.

我々はビル・クリントン氏が大統領だったころに創られた、2,300万の新しい仕事で、進歩を測る。その時は平均的なアメリカ人家族がその収入が7,500ドル上がり、その代わりジョージ・ブッシュ氏の時代には2,000ドル低くなった。

We measure the strength of our economy not by the number of billionaires we have or the profits of the Fortune 500, but by whether someone with a good idea can take a risk and start a new business, or whether the waitress who lives on tips can take a day off to look after a sick kid without losing her job — an economy that honors the dignity of work.

我々は経済の強さを億万長者の数では測らない。フォーチュン500に名を連ねる企業がどれだけ収益を上げているかでもない。良いアイデアによってリスクを取りながら新しいビジネスを始められ、チップで生計を立てるウェイトレスであっても、職を失わずに病気の子供のために休暇をとれることである。経済が仕事の尊厳を尊重するかどうかです。

The fundamentals we use to measure economic strength are whether we are living up to that fundamental promise that has made this country great — a promise that is the only reason I am standing here tonight.

経済の強さを測るための基礎は、基本的な約束の上に成り立っているかどうかであり、それはこの国を偉大なものにする。その約束こそが私が今夜ここに立っている唯一の理由だ。

Because in the faces of those young veterans who come back from Iraq and Afghanistan, I see my grandfather, who signed up after Pearl Harbor, marched in Patton's Army, and was rewarded by a grateful nation with the chance to go to college on the GI Bill.

なぜなら、イラクやアフガニスタンから帰ってくる若い帰還兵の顔に、私は自分の祖父を見るからです。祖父は真珠湾の後に志願し、パットン将軍の部隊で行軍しました。そして政府は祖父の行為に感謝して帰還兵奨学金を支給し、おかげで祖父は大学に行くことができた。

In the face of that young student who sleeps just three hours before working the night shift, I think about my mom, who raised my sister and me on her own while she worked and earned her degree; who once turned to food stamps but was still able to send us to the best schools in the country with the help of student loans and scholarships.

夜の仕事のシフト前にたったの3時間だけ寝る若い学生の顔には、私の母を見る。働きながら、単位を取りながら、姉や私を彼女自身育ててくれた。食事の配給券に頼ったこともあるけれども、それでも学生ローンや奨学金に助けてもらいながら私と妹を、国内でも最高峰の学校に行かせてくれた。

When I listen to another worker tell me that his factory has shut down, I remember all those men and women on the South Side of Chicago who I stood by and fought for two decades ago after the local steel plant closed.

私が、働いている工場が閉鎖したもう一人の労働者に話を聞いた時、私はシカゴ南部の男性や女性のことを思い出す。地元の鉄工所が閉まって以来20年も戦い、共に戦った人たちのことを。

And when I hear a woman talk about the difficulties of starting her own business, I think about my grandmother, who worked her way up from the secretarial pool to middle management, despite years of being passed over for promotions because she was a woman.

そして、個人事業を始めることの困難さについて、ある女性が語ったことを聞いた時、私は私の祖母を思った。祖母は秘書として仕事をしはじめて、何年も女性だからというだけで昇進させてもらえなかったものの、それでもがんばって中間管理職になった。

She's the one who taught me about hard work. She's the one who put off buying a new car or a new dress for herself so that I could have a better life. She poured everything she had into me. And although she can no longer travel, I know that she's watching tonight, and that tonight is her night as well.

彼女はきつい仕事について教えてくれた人だ。彼女は、私がより良い人生を送れるように、新車もしくは、新しいドレスを彼女のために買うことを延期した人だ。彼女は私のためにすべてを注いでくれた。そして彼女はもう旅行には行けないにもかかわらず、私は彼女が今夜のことを見てくれていることを知っている。そして今夜は彼女の夜でもある。

I don't know what kind of lives John McCain thinks that celebrities lead, but this has been mine. These are my heroes. Theirs are the stories that shaped my life. And it is on their behalf that I intend to win this election and keep our promise alive as president of the United States.

「セレブの生活」がどういうものか、ジョン・マケインはどう考えているか知らないが、私のこれまでの生活は説明したとおりです。私のヒーローというのは、この人たちです。この人たちの物語がわたしの人生を形作ってくれたのです。そしてこの人たちのために、この人たちの代理人として、私はこの選挙に勝って、アメリカ大統領としてこの国の約束を守り続けるつもりです。

What is that promise?

約束とは何でしょうか?



4(18:47~21:51)

It's a promise that says each of us has the freedom to make of our own lives what we will, but that we also have the obligation to treat each other with dignity and respect.

それは、我々それぞれがわれわれの望む人生をつくる自由を持つという約束だ。しかし、我々はまた、お互いを尊厳と尊敬もつ義務がある。

It's a promise that says the market should reward drive and innovation and generate growth, but that businesses should live up to their responsibilities to create American jobs, look out for American workers, and play by the rules of the road.

それは、市場が労働に報い、刷新されたり成長を生んだりすべきであることだ。しかし、企業はアメリカ人の仕事を創出し、アメリカ人労働者を守り、ルールにのっとるという責任をもって行動すべきという約束だ。

Ours is a promise that says government cannot solve all our problems, but what it should do is that which we cannot do for ourselves — protect us from harm and provide every child a decent education; keep our water clean and our toys safe; invest in new schools and new roads and new science and technology.

政府が何から何まで問題を解決することはできないが、政府は私たちが自分だけではできないことをやるべきだ。国民を守り、全ての子供にまともな教育を与えるべきだ。水の清潔と安全を確保し、子供のおもちゃの安全性も確保すべきだ。新しい学校や新しい道路、科学と技術に投資すべきだ。それがアメリカの約束です。

Our government should work for us, not against us. It should help us, not hurt us. It should ensure opportunity not just for those with the most money and influence, but for every American who's willing to work.

政府は我々のために動くべきであって、敵対するのではない。政府は我々を助けるべきであって、傷つけるべきではない。政府は、金持ちや影響力のある者だけのためでもなく、全ての働きたいと願うアメリカ人のための機会を保障すべきである。

That's the promise of America — the idea that we are responsible for ourselves, but that we also rise or fall as one nation; the fundamental belief that I am my brother's keeper; I am my sister's keeper.

あれがアメリカの約束だ。我々は我々に責任を持つという思考は一方で、我々が一人の国民として、繁栄も衰退もする。基本的な信条は、兄弟を守る、姉妹を守る。ということだ。

That's the promise we need to keep. That's the change we need right now.

あれが我々が守るべき約束だ。あれが我々がすぐに必要な変化だ。

So let me spell out*2 exactly what that change would mean if I am president.

そこで、私がもし大統領になったら、その変化がどんな意味を持つかを詳しく説明させてください。

Change means a tax code that doesn't reward the lobbyists who wrote it, but the American workers and small businesses who deserve it.

変化は、税法であり、それを書いたロビーイストが報われるのではなく、アメリカ人労働者と、小企業が報われるというものです。

Unlike John McCain, I will stop giving tax breaks*3 to corporations that ship jobs overseas, and I will start giving them to companies that create good jobs right here in America.

ジョン・マケインとは違って、私は仕事を海外につくる企業の減税はしない。そして私は、ここアメリカで良い仕事をつくる企業の税金を免除します。

I will eliminate capital-gains taxes for the small businesses and the startups that will create the high-wage, high-tech jobs of tomorrow.

将来の高収入・ハイテク雇用を作り出す中小企業や新規企業に対するキャピタルゲイン税を撤廃します。

I will cut taxes — cut taxes — for 95 percent of all working families. Because in an economy like this, the last thing we should do is raise taxes on the middle class.

税金をカットします。いいですか?すべての勤労世帯の95%に対して減税をします。今のような景気の状態では、中流世帯に増税するなどあってはならないから。

And for the sake of*4 our economy, our security, and the future of our planet, I will set a clear goal as president: In 10 years, we will finally end our dependence on oil from the Middle East.

そして我が国の経済と安全、そして地球の未来のために、大統領として明確な目標を設定します。10年後、中東からの石油依存に終止符を打つ。

ポイント



 

*1:trickle down 染みわたる

*2:spell out ~を詳しく説明する

*3:tax break 税制優遇措置

*4:for the sake of ~のために

今回はここまで



第2回はここまでです。

↓続けて第3回は以下↓

オバマ元大統領の演説(2008/8/28)全文和訳その3【おすすめ無料英語教材】

↓第1回は以下↓

オバマ元大統領の演説(2008/8/28)全文和訳その1【受験勉強にもおすすめ】

↓過去の他の演説解説は以下↓

無料英語教材オバマの演説動画解説(前編)【 和訳とポイント解説 】

無料英語教材オバマの演説動画解説(後編)【 和訳とポイント解説 】

プログラミングスクール

AIのスクール

-生活

Copyright© mikazukiblog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.