宇宙系プログラマと看護師夫婦の情報発信チャンネル

mikazukiblog

生活

オバマ元大統領の演説(2008/8/28)全文和訳その1【おすすめ無料英語教材】

更新日:

「英語の勉強をしたいけど、いまいち気が進まない」、「興味深い英語教材ないかな?」

↑こんな悩みに答えます。

これまでも、オバマ元大統領の演説の和訳、解説をしてきました。

今回はまた、他のスピーチについて解説していきます。

英語の勉強をするにしても、面白い文章で勉強したいですよね。

普通は日本人なら日本語の文章のほうが圧倒的に多いですよね。

でも、たまに勉強するときに読む英文って、厳選されていたりするので、そこから得られる知識も結構馬鹿になりません。

とくにオバマのスピーチはとても良いです。

理由はいくつもありますが、

  • 心に刺さる
  • 当時の世界情勢がわかる
  • オバマが日本人好みの性格

と言った理由があります。

オバマは、アメリカの大統領の任期に広島を訪れるなど、世界平和に対して非常に志を高く持った大統領でした。

そういった、背景も踏まえ、今回は2008年8月28日の就任演説を読んでみましょう。

長いので、分割しますが、今回はその第一弾です。

オバマの就任演説その1(2008/8/28) Acceptance Speech*1

さっそく、スピーチを見ていきましょう。

下の動画を再生しながら追っていくと良いでしょう。

 

 

1(動画始め~5:30まで)

To Chairman Dean and my great friend Dick Durbin; and to all my fellow citizens of this great nation; with profound gratitude and great humility, I accept your nomination for the presidency of the United States.

ディーン委員長、そして私の親友のディック・だービン、そしてこの偉大な国のすべての同志たちよ。この度、私はアメリカ大統領選挙の民主党候補者として指名されました。心から深く感謝を述べるとともに、謹んでお受けします。

Let me express my thanks to the historic slate of candidates who accompanied me on this journey, and especially the one who traveled the farthest — a champion for working Americans and an inspiration to my daughters and to yours — Hillary Rodham Clinton. To President Clinton, who last night made the case*2 for change as only he can make it; to Ted Kennedy, who embodies the spirit of service; and to the next vice president of the United States, Joe Biden, I thank you.

この歴史ある国の候補者で、私をこの旅へ導いてくれ、道連れとなった方々に感謝を表明させてください。そして特に、最も遠くまで旅を共にした、アメリカ人労働者にとっての功労者で、私やその人の娘たちにとってのお手本となる人物。そう、ヒラリー・ロダム・クリントンだ!(夫である)クリントン大統領は、昨晩彼にしかできない変革の必要性を主張した。そして奉仕の精神の体現者であるテッド・ケネディ氏や、次期アメリカ副大統領となるジョー・バイデン氏にも感謝する。

I am grateful to finish this journey with one of the finest statesmen of our time, a man at ease with everyone from world leaders to the conductors on the Amtrak train he still takes home every night.

私はこの旅を、中でも最高の政治家の一人(ジョー・バイデン氏)と最高の形で終えることができることを光栄に思う。彼は、世界のリーダーから、アムトラックの電車の車掌まで、分け隔てなく接することができるのだ。彼はいまだに毎晩電車で帰宅している。

To the love of my life, our next first lady, Michelle Obama, and to Sasha and Malia — I love you so much, and I'm so proud of all of you.

最愛の人で、次期ファーストレディとなるミッシェルオバマと、サラとマリア、とても愛している。そして本当に君たちを誇りに思う。



2(5:30~13:50)

Four years ago, I stood before you and told you my story — of the brief union between a young man from Kenya and a young woman from Kansas who weren't well-off or well-known, but shared a belief that in America, their son could achieve whatever he put his mind to.

4年前、私はあなた方の前に立って私の物語を語った。ケニア出身の青年とカンザス出身の若い女性が知り合い、短い間ではあったけれども共に暮らしたこと。2人とも裕福でも有名でもなかったけれども、アメリカでなら、自分たちの息子は自分たちの夢を追いかけてくれると共に信じていたこと。

It is that promise that has always set this country apart — that through hard work and sacrifice, each of us can pursue our individual dreams but still come together as one American family, to ensure that the next generation can pursue their dreams as well.

その約束があるからこそ、この国はいつもこの国を類を見ない国にしたのです。自分の身を捧げて一生懸命働けば、誰もが自分ひとりひとりの夢を追求できるし、同時に大きなアメリカという家族として団結できると。そしてこの国では、次の世代が必ず、自分たちの夢を受け継いでくれると。

That's why I stand here tonight. Because for 232 years, at each moment when that promise was in jeopardy, ordinary men and women — students and soldiers, farmers and teachers, nurses and janitors — found the courage to keep it alive.

だからこそ、私は今夜ここに立っているのです。なぜなら232年もの間、その約束が脅かされようとするたびに、普通の人たちが立ち上がり、学生や兵士や農家や教師、看護師や用務員といった普通の人たちが、約束を守るために勇気をふりしぼってきたからです。

We meet at one of those defining moments — a moment when our nation is at war, our economy is in turmoil*3, and the American promise has been threatened once more.

我々はそういったの瞬間に直面している。戦争の瞬間、経済の混迷、そしてアメリカ人の約束は今一度脅かされてきた。

Tonight, more Americans are out of work and more are working harder for less. More of you have lost your homes and even more are watching your home values plummet. More of you have cars you can't afford to drive, credit card bills you can't afford to pay, and tuition that's beyond your reach.

今日この夜、前よりも多くのアメリカ人が職を失い、前よりも多くの人が前よりも少ない賃金のため前よりもたくさん働いています。前よりも多くの人が家を失い、さらにたくさんの人が、自分たちの家の価値があっという間に目減りするのを目の当たりにしている。前よりも多くのみなさんは、車を持っていても運転するだけの金がない。クレジットカードの請求を払えない。学費などとても払えないという状況にある。

These challenges are not all of government's making. But the failure to respond is a direct result of a broken politics in Washington and the failed policies of George W. Bush.

これらの困難全てを政府活動がもたらしたわけではない。しかし、それに反応しないのは壊れたワシントンの政策の結果だ。ジョージ・W・ブッシュの失敗政策だ。

America, we are better than these last eight years. We are a better country than this.

アメリカは、我々の過去の8年は良いものではなかった。それよりは良い国になるはずだ。

This country is more decent than one where a woman in Ohio, on the brink of*4 retirement, finds herself*5 one illness away from disaster after a lifetime of hard work.

オハイオのある女性が退職を間近にして気づいたら、ハードワークからくる病気になり、お先真っ暗なんてことになるよりはこの国はましなはずだ。

This country is more generous than one where a man in Indiana has to pack up the equipment he's worked on for 20 years and watch it shipped off to China*6, and then chokes up*7 as he explains how he felt like a failure when he went home to tell his family the news.

インディアナの男性が20年も働いてきた機材を梱包し、中国へ送られるのを見送った。そして家族に失業したことを告げるという辱めを受け、それを説明しようとして言葉に詰まるなんていう国よりは賢いはずだ。

We are more compassionate than a government that lets veterans sleep on our streets and families slide into poverty; that sits on its hands*8 while a major American city drowns before our eyes.

老兵が道端で寝て家族が貧困に陥るのを許す、あるいはアメリカの主要都市が目の前で沈んでいくのに手をこまねいている政府ではあるはずがない。

Tonight, I say to the American people, to Democrats and Republicans and independents across this great land — enough! This moment — this election — is our chance to keep, in the 21st century, the American promise alive.

今夜、私はアメリカ国民に言う。民主党員や共和党員そして無党派層に、この偉大な国のすべての人に。もうたくさんだ! 今この瞬間、この選挙は、アメリカの約束を21世紀にも残すための、大きなチャンスなのです。

Because next week, in Minnesota, the same party that brought you two terms of George Bush and Dick Cheney will ask this country for a third.

なぜなら来週に、ジョージ・ブッシュとディック・チェイニーの政権を2期にもわたって送り出した同じ政党が、ミネソタに集まり「3期目もよろしく」と国民に頼み込む予定だからです。

And we are here because we love this country too much to let the next four years look like the last eight. On November 4, we must stand up and say: "Eight is enough."

我々は次の4年も過去8年と同様なことを許すにはこの国を愛しすぎている。11月4日、我々は立ち上がって言わなければならない。「8年でもうたくさんだ」と。

Now let there be no doubt. The Republican nominee, John McCain, has worn the uniform of our country with bravery and distinction, and for that we owe him our gratitude and respect. And next week, we'll also hear about those occasions when he's broken with his party as evidence that he can deliver the change that we need.

今こそもう疑いようがありません。共和党の候補者のジョン・マケインはこの国の軍服を身にまとい、勇敢で優れた業績を残した。私たちはそのことを彼に感謝するし、尊敬している。そして来週になれば言葉を尽くして大勢が、いかにジョン・マケインが反逆児かを語るでしょう。かれはこれまでさんざん、党の方針に逆らってきた。だからこそジョン・マケインは変化を実現できるのだと。

But the record's clear: John McCain has voted with George Bush 90 percent of the time. Sen. McCain likes to talk about judgment, but really, what does it say about your judgment when you think George Bush has been right more than 90 percent of the time? I don't know about you, but I'm not ready to take a 10 percent chance on change.

しかし彼の経歴は反対のことを示している。ジョン・マケインは90%もの頻度で、ジョージ・ブッシュの政策を支持すると投票してきたのです。マケイン上院議員は「判断力」についてよく話すが、ブッシュ政策の9割が正しいと思ってきた人の判断力はいかがなものか。みなさんがどう思うか分からないが、「変化の可能性は10%」というのは、私には到底受け入れられない。

The truth is, on issue after issue that would make a difference in your lives — on health care and education and the economy — Sen. McCain has been anything but independent. He said that our economy has made "great progress" under this president. He said that the fundamentals of the economy are strong. And when one of his chief advisers — the man who wrote his economic plan — was talking about the anxiety Americans are feeling, he said that we were just suffering from a "mental recession," and that we've become, and I quote, "a nation of whiners."

実際のところ、みなさんの生活を変えてくれるあらゆる政策課題について、医療保険や教育や経済について、マケイン議員はまったくもって「自由な一匹狼」などではなかったのです。政権の下でアメリカ経済は「大いに進歩した」など、そんなことをマケイン議員は言う。経済の基礎的条件は強固だと言う。マケイン議員の主要顧問で、経済政策をまとめた担当者にいたっては、アメリカ国民が抱えている不安感について、「心理的な景気後退」に過ぎないと一蹴したのです。この人物いわく、私たちは「愚痴っぽい国民」になってしまったのだそうです。

A nation of whiners? Tell that to the proud autoworkers at a Michigan plant who, after they found out it was closing, kept showing up every day and working as hard as ever, because they knew there were people who counted on the brakes that they made.

「愚痴っぽい国民」」ですって?あなたたちは愚痴を言っているだけだと、その同じことをミシガンの自動車工場で工員たちに言ってみたらどうか。自分の仕事に誇りをもつ彼らは、工場が閉鎖されると知ってもなお、自分たちが作るブレーキを必要としている人たちがいると分かっているから、毎日出勤して、前と同じように真面目に働き続けたのです。

Tell that to the military families who shoulder their burdens silently as they watch their loved ones leave for their third or fourth or fifth tour of duty. These are not whiners. They work hard and give back and keep going without complaint. These are the Americans that I know.

「愚痴を言っているだけだ」と、その同じことを軍人の家族に言ってみたらどうか。愛する家族がイラクに3度目、4度目、5度目と出兵していくのを見つめつつ、黙って重荷を背負っている家族に。この人たちは愚痴っぽい国民などではない。みんな一生懸命働き、国や社会に貢献し、文句も言わず歩き続ける人たちだ。私が知っているアメリカ人とは、そういう人たちです。

Now, I don't believe that Sen. McCain doesn't care what's going on in the lives of Americans. I just think he doesn't know. Why else would he define middle class as someone making under 5 million dollars a year? How else could he propose hundreds of billions in tax breaks for big corporations and oil companies but not one penny of tax relief to more than 100 million Americans? How else could he offer a health care plan that would actually tax people's benefits, or an education plan that would do nothing to help families pay for college, or a plan that would privatize Social Security and gamble your retirement?

アメリカ人の日々の暮らしで何が起きているのか、マケイン上院議員が気にもしていないと、そういうことだとは思っていません。ただ、知らないだけなのだと思う。でなければいったいどうしたら、中流とは年収500万ドル未満の人だなどと言えるでしょう。でなければいったいどうやって、大企業や石油会社にばかり何千億ドル分もの減税措置を提案するのに、1億人以上ものアメリカ人の税金は1セントたりとも減らそうとしないなどという態度がとれるでしょう。でなければどうやって、国民の負担を増やすような医療保険を提案したり、国民の大学の学費負担を全く軽減しない教育改革を提案したり、社会保障を民営化してみなさんの年金生活を危険にさらすような真似ができるでしょうか。

It's not because John McCain doesn't care. It's because John McCain doesn't get it.

ジョン・マケインは国民のことを気にしてないわけではない。ジョン・マケインは国民のことが分かっていないのです。

ポイントフレーズ

*1:acceptance speech 大統領候補の指名受諾演説

*2:make a case ~を主張する

*3:be in turmoil 混乱状態にある

*4:on the brink of ~の寸前で、瀬戸際で

*5:find oneself 気が付くと(~の状態に)いる

*6:ship A off to B AをBに送る

*7:choke up 言葉に詰まる

*8:sit on one's hands 手をこまねいている

僕のブログでは、単語の意味の説明はほぼするつもりはありません。

単語は単語帳などで覚えまくってわかるようにしましょう。

英語勉強初心者におすすめの英単語帳ターゲット1900の使い方

慣用句など、知らなければわからないようなものを、重点的に解説します。

上記はぜひ覚えておきましょう。

 

今回はここまで

第1回はここまでです。

↓続けて第2回は以下↓

オバマ元大統領の演説(2008/8/28)全文和訳その2【おすすめ無料英語教材】

過去の演説解説は以下。

無料英語教材オバマの演説動画解説(前編)【 和訳とポイント解説 】

無料英語教材オバマの演説動画解説(後編)【 和訳とポイント解説 】

 

プログラミングスクール

AIのスクール

-生活

Copyright© mikazukiblog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.