宇宙系プログラマと看護師夫婦の情報発信チャンネル

mikazukiblog

生活

プリーツマスクを手縫いで自作した方法【 画像大量で世界一わかりやすく解説 】

投稿日:

「コロナはやってるのにマスクがどこにも売ってない」、「毎日使うマスクを自作して購入費を抑えたい」

↑こんな悩みに答えます。

こんにちは。みかずきです。

ご存知のように、日本でも緊急事態宣言が出るなど、コロナの危険が高まってきています。

特に都会ではどこへ行ってもマスクはほぼ売っていません。

そこで僕は、奥さんとマスクを自作することに挑戦しました。

僕は全くのド素人なのですが、奥さんに教わりながらなんとか完全自作することができました。

今回は、その作り方を素人の立場から画像を大量に貼って、世界一わかりやすく解説します。

同じように、必要なマスクが手に入らない方はこれを見て自作に挑戦してみてくださいね。

ド素人がマスクを自作する手順





さっそく一からマスクを作る手順を紹介します。

準備するもの

準備品はこれ↓

裁縫セット

針、糸、糸切りばさみ、まち針、ひも通し、チャコペン、洗濯ばさみ、ミシン(あれば)

アイロン

手ぬぐい、いらないハンカチ、服などなんでも

ひも

あればゴム紐、なければストッキング

上記のものがあれば完璧ですが、普段裁縫はほとんどしない僕の家にないものが多かったです。

  • まち針は普通の針で代用
  • チャコペンはマジックで代用

そんな感じで下の写真のような道具を使って作りました。

つくる手順

手順1:布を切る

縦37 cm、横16 cmに布を切ります。(縫う手間を省くために半分に折って使用します)

布にその大きさの四角形を書いて、はさみで切ります。

切った結果がこれ

同様に、縦6cm、横12㎝の布を2枚切ります。

これがゴムひもを通す、「ひも通し」となります。

手順2:布を半分に折って下部を縫う

1の布を半分に折り、下から1cmのところにチャコペンなどで線を引く。

線を引いたところをなみ縫いで縫う。

ミシンがある場合はミシンで縫っちゃいましょう。

まち針でとめて、縫った結果が下

手順3:縫い目が内側にくるように布を裏返す

輪っかになっているところを画像のようにひっくり返します。

 

手順4:縫い目が上下の端にならないようにずらし、アイロンをかける

アイロンで跡をつけた方が布がずれなくてその後作業しやすくなります

手順5:プリーツを作成する

プリーツとは、マスクを広げるための段々のことです。

※マスクの他の人から見える方を「表」、自分の口が接する側を「裏」として説明していきます。

マスクの表に上から2.5㎝間隔に点をつけます。

上の点①~⑥で説明します。

1) ①を山折りしアイロンで折り目を付ける。

2) ①、②の点を合わせて谷折りし、アイロンで折り目をつけてまち針で止める。

3) ③を山折りしアイロンで折り目を付ける。

4) ③、④の点を合わせて谷折りし、アイロンで折り目をつけてまち針で止める

5) ⑤を山折りしアイロンで折り目を付ける。

6) ⑤、⑥の点を合わせて谷折りし、アイロンで折り目をつけてまち針で止める

手順6:プリーツ部分を縫う

1) 裏にし、5㎜のところに線を引く。

反対側も同じように線を引きます。

2) 線を引いたところをなみ縫いで縫う(ミシンがあればミシンで縫う)

プリーツの布が重なっているところは2~3回引き返しながら縫って補強しましょう。

手順7:ゴムを通す布を縫い合わせる

最初に準備した縦6cm、横12㎝の布を使用します。

画像のようにマスクの表と、6㎝×12㎝の布の表が向かい合うように合わせ、まち針や、洗濯ばさみで止めます。

反対側も同じようにします。

裏にし、1㎝のところに線を引きます(下画像の黒い線)。

線を引いたところをなみ縫いで縫います(ミシンがあればミシンで縫いましょう)。

手順8:ゴムひもを通すところ(ひも通し)を作る

表にして、縫い目に合わせて折り返し、アイロンをかけて折り目を付けます。

矢印のように折る。

 

上からアイロンをかける。

下の画像のように裏にして①~④のように折っていきます。

その時、それぞれアイロンで折り目を付けていきましょう。

5 mmくらいのところで内側に折ります。

④のように折り、アイロンがけをしてひも通しの形を作ります。

反対側も同じように折ってアイロンをかけましょう。

手順9:手順7で書いた1㎝の線に沿ってゴムを通すところを縫い合わせていく。

こんな感じで洗濯ばさみでとめて縫っていきます。

ミシンがある場合は、普通に接続部を縫っても良いと思います。

ミシンがない場合や、縫い目が見えないようにしたい場合はちょっと難しいですが、下に書く方法で手縫いしていきましょう。

 

始めは、裏側から針を刺してスタートします。

この時、ひも通しの部分でなく、ベース生地のほうに針を刺します。

表側から刺すときは、ひも通しとベース生地のつなぎ目の隙間に針を刺します。

刺した針を、上で書いたようにひも通しの上まで突き抜けます。

突き抜けたら、次は線に沿って針を刺して、表側に抜けます。

裏側を斜めから見たらこんな感じになるように縫っていきます。

これを繰り返して両辺を縫い付けていくことで、縫い目が見えないように、ひも通しを付けることができます。

手順10:耳にかけるゴムひもを作る

本来ゴム紐があれば楽なのですが、今はどこも売り切れで手に入らないこともあります。

そのため、ストッキングを再利用する方法を説明します

ストッキングのつま先部分を切ります。

これを

こう切る。

次にストッキングの端を切って1枚にします。

こう切って、

広げるとこうなる。

これを1㎝程度の幅で切る。

切ったものを伸ばすとクルッと丸まってくれるので下の写真のようになります。

マスクのひも通しにストッキングを通して、顔の大きさに合わせて結ぶ。

結び目は布の中に入るようにすると見た目が良くなります。

これで完成!!




おわりに





ここまで見てくださり、ありがとうございます。

僕の住んでいるあたりでも、マスクが全く手に入らない状況です。

市販のものよりも、性能は劣るかもしれませんが、自分の飛沫を防いだりする一定の効果はあると思います。

いくつかマスクを作っておけば、どうしても外出する必要があるときに便利です。

これを機にマスクづくりに挑戦してみてはいかがでしょうか。

てかこれミシンがあれば、簡単に作れますね。

プログラミングスクール

AIのスクール

-生活

Copyright© mikazukiblog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.